アメリカ確定申告 - 国際税務

2017年11月14日
コメントはまだありません

国際税務について 
最近のテクノロジーの恩恵として オンラインビジネスの繁栄が挙げられます。それとともに 税務申告も 「国際化」を取り入れずには 機能しなくなったといえます。
日米両国の国税局も その兆候が明らかで、インターナショナルビジネスは 監査の影響も受ける可能性が高くなってきました。ここでは その重要性と 日米両国の税法の知識がとても重要であるということを 簡単に述べます。
国際税務の重要点は 大きく分けて2つあります。
(1) 二重課税を防ぐ
(2) タックスホームが どの国にあるか
国際税務申告の罰金(申告漏れ、未申告、過少申告の際の)は 最低$10,000ドルです。個人(FBAR, FATCA)であっても 外国資本法人開示申告(フォーム5472)であっても 罰金は高額といえます。ここで出てくる懸念は 「収入が少なかったので 申告をしなくてもいいのではないか?」「日本ですでに申告をしているので 二重課税は避けたい」 

admin