アメリカ確定申告 -会社の形態

会社の形態について
もっとも人気のある4つの会社形態について 説明します
LLC —-LIMITED LIABILITY COMPANY
社長様の個人的な責任は LLCから切り離されて 守られる。
LLC自体は 税法上の規定がなく パートナーシップや株式会社、個人事業として納税します。パススルーといわれる場合 パートナーシップとして申告をしていますので、メンバーの個人の確定申告上で 納税をします。株式会社は C コーポレーションの場合 会社が独立した納税主体として 納税します。 S コーポレーションの場合は パートナーシップのように 利益がパススルーしますので 個人の確定申告で 利益を計上します。

C -Corporation ( C コーポレーション)
いわゆる 株式会社。法的に 個人とは切り離された 独立納税主体として 納税する。個人の財産と 切り離される。株式会社の所有主は株主で 株券が発行される。

S-Corporation (Sコーポレーション)
C コーポレーションのように 個人とは切り離された独立した納税主体。パートナーシップのように 利益は社長様個人の確定申告にパススルーされます。会社の条件が厳しく、非居住者外国人は株主になれない、など。

admin