アメリカ確定申告 LLC と 不動産

LLC と不動産
LLC というのは 法人の一つの形態で、コーポレーションのいいところと パートナーシップのいいところをそなえた ハイブリッドなビジネス形態として 人気があります。
不動産の所有者にとっても、個人の責任を回避するとか 財産を守るという意味でも注目をされています。全部のケースにおいて LLCがベネフィットをもたらすか? というと そうではなく、むしろ個人の金銭的な負担になる場合もあるので 注意が必要です。
たとえば 責任を保証する保険で とりわけプレミアムがリーズナブルなものがあれば それで十分な場合があります。つまり LLCを設立して その維持費を払っていくことを考えれば、保険でその責任を回避できるので 安いといいます。
しかし 保険というのは 免責事項があったり、すべてがカバーできていなかったりします。すべてのケースにおいての保証の確証が得られないため、保険だけでは足りないということになります。この不安を打ち消すには LLCを設立するのが最善といえます。
LLCのベネフィットはそのほかに
1) 個人へ利益がパススルーするので 個人レベルの安い税率で納税する
2) コーポレーションにある ダブル納税を避けられる
3) コーポレーションと同じ個人の責任を回避できる財産プロテクションがある
4) S コーポレーションと同じベネフィットを 外国人でも得ることができる
5) 不動産の所有権を 新しいメンバーをLLCに参加させることによって 簡単に移動させることができる
LLC の デメリットについては
1) LLCの設立費用と維持費用がかかる
2) 銀行からお金を借りる時に 個人で借りるよりも難しい場合がある
3) 財産プロテクションは 100%保障されない
キャピタルゲイン税率は 15%

admin