2017年10月2日
コメントはまだありません
アメリカ確定申告

アメリカ確定申告
尾崎真由美
アメリカ会計事務所

アメリカ確定申告 アメリカ会計事務所 尾崎真由美

なぜ 日本在住日本人、アメリカ在住日本人のビジネスリーダー、不動産投資家、レストランオーナー、アメリカ進出企業が 私たちを選ぶのか?

アメリカの複雑で すべて英語の税務申告、確定申告を まるごと代行申請いたします。支払い過ぎがちな税金を 法的に調整し、コンプライアンスを徹底します。

ビザがないと アメリカでは就業できません。ビザに必要な書類のサポートをします。
「税金を支払いすぎた」アメリカの税法は 政府が変わるたびに 180度変更される傾向にあります。日本にいると どうしてもアメリカ税法の情報が 届かなくなります。「毎日忙しい」「すべて英語で分かりにくい」「時差があるからアメリカIRS(国税局)に電話ができない」すべて私におまかせください。

複雑な英語での申告書の作成も すべて引き受けます。提出もE-fileで セキュリティも徹底しています。 
うっかり計上し忘れた費用を再確認し、損益計算書の「隠れた無駄」をなくし 節税と利益の向上にフォーカス。締め切りを超えると 降りかかる大きな罰金も防ぎます。通常 二つの国をまたいだビジネスや取引はインターナショナルとして扱われていますが その罰金は 異常に高額です。FBAR、フォーム5472、外資系取引開示や外国人銀行口座開示を忘れた場合の罰金は $10,000ドル以上、日本円で100万円。「忘れたはいけない」申告書は アメリカに関連取引のある日本人には絶対マストといえます。

私たちは
(1) ご依頼をいただいたあと すべてのご依頼は 1つ1つ詳細を査証して 必要な情報をリストアップします。
(2) お客様へ 質問票を送りますので 基本情報をいただきます
(3) 何が必要な追加情報かを リストアップします。
(4) お客様に一番メリットのある方法で 申告書を作成します。

同じビジネスの費用であっても その業務内容によって 国税局が拒否する場合もあります。1つ1つのビジネスは ユニーク特殊であって 全部が画一ではないからです。ビザの種類によっても そのどの部分に重点が置かれるかによって 必要書類が変わってきます。レストランの場合は アメリカ独特の チップシステムの計算の仕方、棚卸食品の会計上の取り扱い、すべてのビジネスは 多種多様なのです。
だから ビジネスの会計形状の仕方は変わってくるし ペイロールやセールスタックス、減価償却、固定資産税、オーナーの増資、「間違えてはいけない落とし穴」は あらゆる場面に出てきます。
あなたが育ててきたビジネスは かけがえのない財産です。かけがえのない財産だからこそ 法的にバックアップサポートをするのが 私たちの使命と心得ます。あなたはご自分の事業に専念なさり、「ビジネスの結果」を明白に理解して あとは「ゴーイング コンサーン」継続するのみ。

ビジネスが新しい局面に接するとき アドバイスをもらっていますか?わかりやすく日本語で説明してもらっていますか?あなたのビジネスを理解した会計士をお持ちですか?この費用がどのように収入に対して影響してるか、またこの取引がどうして控除されないのか?ガイダンスなくビジネスを継続するのは 時間とお金の無駄でしかありません。

私たちは 約束します。
(1) アメリカに存在する会計事務所として、アメリカの税法に遵守し、お客様には日本語で説明します。
(2) 締め切りの順守を一番の目的とし、延長する場合は手続きをして、何かある場合はすぐにお知らせします。
(3) お客様とのコミュニケーションを 一番得意としています。24時間以内に返答します。
(4) 正直、親切、誠実をモットーとします。お客様に誠意を表します。
(5) 節税をいたしますが、すべての節税は 税法に遵守したものです。
(6) あなたの会社のCFOの立場になって あなたの 経理状況、損益計算書を自分のことのように親身になって分析します。
(7) 料金に関しては そのつど お話合います。
(8) 前の会計士さんから 私たちへ会計士を変更する場合 その作業がスムーズに行われるよう「めんどうなやりとり」を引き受けます。

次のステップ

(1) メルマガを請求してください

(2)「無料相談」で あなたの問題を教えてください。解決方法がみつかります。

admin