アマゾンビジネス、ぺイオニア、アメリカ法人ローンについて

アメリカはすべて 個人の情報は ソーシャルセキュリティ番号で 記録されています。

ソーシャルセキュリティ番号を見れば、過去のクレジットヒストリー、車の購入、過去にどこに住んでいたか、倒産したか、すべ

ての記録が出てきます。

会社を設立して 法人を作って、クレジットカードを作ろうとします。

その場合、 会社自体は クレジットヒストリーがないので、社長様個人のクレジットヒストリーを開示しなければなりません。

その時に、 会社が外国資本で、社長様にソーシャルセキュリティ番号がない場合、

会社がまだ新しく、法人の決算をまだ一度もしていないとか、したけれども まだ一年くらいでヒストリーがない場合、

クレジットカードは発行してくれません。

ローンも組めません。

もしもローンや

。、

ここで、クレジットカードは デビットカードとは違います。

デビットカードは銀行口座に残高があれば、その残高以内で

落とされます。

会社が

会社の秘書は 申し込めません。

例えば、申し込む場合

ソーシャルセキュリティ番号のない外国人社長さん(日本人)は申し込めません。

アメリカ人の誰かが申し込むと、このひとのソーシャルセキュリティに記録が残り、

クレジットヒストリーが下がり (数多いローンは ヒストリーによくない)

将来 家を買うとかの時に 拒否されたりして、 とてもリスクが高くなります。

7年間記録が残ります。

会社が うまくいかないとか、日本の社長が 滞納するとか、不正を行う場合、

個人のソーシャルセキュリティに

アメリカの法人ローンは 簡単にはできないし、

簡単に 申請しないほうがいいのです。

アメリカ法人を日本人のために作って、ローンを組むなんてことは 自殺行為で、ありえないのです。

それを公共のブログで

usa-consultants.com