年金口座(米国年金)から早期引き出しの注意

2014年12月23日
コメントはまだありません

あなたの年金口座から早くにお金を引き出すことはとても損失がとても大きくなります。早期引き出しはあなたへ追加の収入として課税されるだけではなく、10%の加算税の対象となる可能性もございます。良く知られた年金口座にはIRA口座や企業年金プラン401Kなどがございます。一般的なルールと課税対象からの控除についてお知らせ致します。

IRSは通常59.5歳以前にあなたの年金口座から引き出したお金を早期引き出しと取り扱います。

あなたの年金口座から引き出された金額はIRSへ報告しなくてはいけません。

10%の早期引き出し加算税は非課税の引き出しには適用されません。これらの金額は銀行や投資ファンドによりあなたの年金口座から引かれた運営手数料や、あなたの年金プランへのための資金の移動には非課税の対象となります。

もしあなたが60日以内に他のファンドへ年金プランを移動させた場合は所得税の対象にはなりません。また10%の加算税も適用されません。

その他、10%の加算税が免状になる例としては以下が挙げられます。

・死や全身傷害などにより使用した場合
・認められた医療費による引き出し
・離婚や別居においての判定により配偶者への配分
・会社を退職した場合、年金口座から全額引き落とした場合は課税対象となりますが、

最低年1回以上の受け取り期間中は非課税の対象となります。

年金プランは複雑でございますのでアメリカ会計士へご相談して頂くことをお勧め致します。

 

お問い合わせはこちら

admin