米国での支払い事情

2014年2月19日
コメントはまだありません

米国では買い物やその他決済でお金を支払う際には現金を使用することは少なく、カードや小切手を使用することが多いです。日本では現在も現金での支払いが多いかと思います。
日本在住の方でアメリカに短期出張や旅行などで来られる方は支払いの際には、日本のクレジットカードや日本円をドルに両替し現金で支払う方が多いのではないかと思います。その際、手数料や両替の手間がかかると思います。
今回は私も持っております、キャッシュパスポートというプリペイドカードを紹介致します。
キャッシュパスポートは予めこのカードに日本円で入金しておくと、現地の通貨に両替してくれカードに入金されます。このカードを持っていれば例えば米国でデビットカードのように
支払い時で使用可能です。また米国のATMから現金も引き出すことができます。
両替手数料も銀行などで両替するようも安くできますし、米国で現金を持ち歩く必要もないです。このカードは米国以外の国の通貨にも対応しておりますので海外へ良く行く方は一枚持っておくと便利かもしれません。

カード関連のトラブル

以下最近私に起こったカードトラブルを紹介致します。
米国ではカードでの決済が主流で、身に覚えのない取引が多々出てきます。上記に挙げたキャッシュパスポートで先日米国のATMから現金を引き出し、数日後取引履歴を確認したところ、ATMでの取引した直後に全く見覚えのない取引を発見しました。内容は400ドルが同じATMと思われる場所から引き出されていました。
すぐにキャッシュパスポートの会社で電話したところ、まずカードを停止してくれ、申告書を送るのでその取引について詳しく記入し提出して下さいとのことでした。
申告書おおよそ3枚分にATMでの取引などの詳細を記入し提出したところ、次の日に400ドルが戻ってきました。半ばあきらめかけていましたので返金され本当に良かったと思っております。キャッシュパスポートの問い合わせは英語でも日本語でも対応してくれますので何かあった場合はすぐに連絡することをお勧め致します。

こういったカードのトラブルはキャッシュパスポートに限らずアメリカでは良くあります。カードの履歴は定期的に確認し、不正や見覚えのない取引を発見した場合はすぐにカード会社に連絡することをお勧め致します。米国では私たちが主張しないと動いてくれないことも多く、
こちらの言い分を理解してくれるまで説明することが重要です