離婚・再婚などの転機の場合、会計事務所を利用するメリットとは?

国立健康統計センターによると、最近の調査では、半分以上の人々は離婚再婚をしており、これらの結婚のほぼ60%が同様に別れるとのことです。

間違いなく、これらのイベントでは税金の支払いがこれまでより複雑になります。

少しでも税金面での負担を避けるためには会計事務所をご利用することをお勧め致します。

婚姻状態に関する申請

婚姻状態は所得と不動産税負債を決定する重要な要因であります。配偶者の有無は、課税年度の最終日に決定されます。結婚が年の最後の日の前に解消されるのであれば、当事者は、独身または世帯主(彼らが要件を満たす場合)のいずれかとして、その年は提出することができます。夫婦個別申告よりも低い税率が適用されます。

世帯主としての納税資格者には以下が当てはまります。

•納税者は、今年末に結婚していません

•納税者は、家庭を維持するためにコストの半分以上支払う

•扶養と認められた子供は半年以上納税者と一緒に住んでいます。

離婚扶養料

離婚扶養料は、受けた配偶者はその収入は課税対象となりますので申告する必要があります。それを支払った配偶者は支払った金額は控除の対象となります。実際には、法律文書や離婚判決はいかなる場合で覆されることはありません。支払い者は支払い金額は控除となりますし、扶養料として収入を得た配偶者はその収入は課税対象となります。扶養料金として支払われる金額が何であるかを決定する際には両方の配偶者の税金負債を考慮した方が良いです。

配偶者の扶養料金のお支払いは小切手やマネーオーダー、現金などが認められております。
IRSによると、以下のようなお支払いは認められておりません。

•第三者の債務証書または年金契約などのサービスまたは財産の譲渡

•支払人による債務証書の実行

•所有物件の使用

配偶者サポートの責任は、どちらかの配偶者の死亡時、あるいは受領配偶者が再婚すると停止し致します。

子供の養育費

子供の養育費の支払いは、支払う配偶者の費用は控除の対象にはなりません、また受取人の配偶者はその養育費は収入にはなりません。
支払いは、子供の養育費として指定する必要があります。子供の養育費についての減額は子供が16歳になった時、高校を卒業する時、または家を離れるとき、などが対象となります。

扶養家族免除

扶養控除を申告する権利を持つ子供の親が書面でその権利を放棄しない限り、年の大部分を子供と一緒に住む親(親権を持つ親)が、子供の扶養控除および扶養費払い戻しを受ける権利があります。

託児費用

子供や扶養費用を払って親権を持つ親のために託児費払い戻し制度があります。そのためその親は実入りよく働くことができます。
この払い戻しを主張するためには、納税者は少なくとも一人の子供と一緒に家で家庭を
維持しなければいけません。親権のない親は利用できません。